黒川鞄と土屋鞄

黒川鞄と土屋鞄、親子で意見が割れています。
子供が選んだお気に入りのランドセルを買ってあげたいと思う反面、親が機能面や性能からしっかり選んであげたランドセルのほうが使い勝手が良いだろうと思うと、悩みますよね。
ランドセル選びは親の意見と子供の意見、どちらを優先したら良いのでしょうか。

黒川鞄と土屋鞄の違いについてもご説明します。

黒川鞄と土屋鞄、親と子供で意見が割れた!

黒川鞄と土屋鞄、どちらも職人さんが作るランドセルです。

素材はどちらも牛革、コードバン、クラリーノなどそろっています。
大きさ的には黒川鞄はA4クリアファイル・フラットファイル共に収納できますが、土屋鞄はA4クリアファイルのみです。
色展開もどちらも豊富です。いずれも落ち着いた色がそろっており、キラキラした刺繍やストーンなどはありません。それが逆に6年間持ち続けることができるランドセルになっています。

どちらがおすすめかといわれたら、性能的にはどちらも素晴らしいですので、あとは個人の好みになります。

お子さんと親御さんで意見が割れた場合、どうしたら良いのでしょうか。
まず、急いでそのランドセルを購入しないと売り切れてしまうといった緊急事態を除いて、しばらく時間をおくことをおすすめします。
子供って本当に気が変わります。昨日は黄色が良いなんて言っていたのに、今日はピンク!なんてことも良くあります。

それから、お子さんにそのランドセルを選んだ理由を聞いてみてください。
お子さんなりにきっと選んだ理由があるはずです。
もし「色」で選んでいるとしたら、親御さんの選ばれたランドセルに似たような色があればそちらもおすすめしてみても良いですね。

ちなみに、色で親子の意見が分かれた場合、妥協点を探りましょう。
基本は親の選んだ色、そして子供の選んだ色の縁取りがしてあるランドセルなどが良いと思います。

大切なのは子供が「自分で選んだ」という満足感を持つことだと思います。
親が押し付けると決してよくありません。
例え親御さんが選んだランドセルだとしても、うまく子供が選んだように誘導していくことも大切です。

土屋鞄を詳しくご紹介!

背筋がスッと伸びる大人のランドセル♪

土屋鞄のランドセルは、美しい曲線が特長です。温かみのある丸いフォルムで性能的にも優れています。
また、6年間使い続けることを考えたシックな配色で、途中で飽きたり嫌になったりすることなく使い続けることができます。
職人さんがしっかり手作りして作っていますので、数は多く出回りません。購入は早めの方が良いでしょう。


迷ったら、カタログ請求や実店舗に足を運んでみてみるのも良いですね。お子様に見せてみて反応をみるのも良いでしょう。